@shiorin223049 @shiorin223049

看護師の美容皮膚科おすすめ転職サイト5選【無料】

看護師転職

病棟看護師から美容クリニックに転職をしたいと考えてる看護師さんへ。

「看護師の転職方法は?病院看護師から美容クリニックに転職したいけど、将来的にどうなんだろう?給料は?どうしたら受かる?おすすめ転職サイトは?美容クリニックの選び方は?大手がいいか個人クリニックが良いか?」

などなど、不安だらけですよね。

そんな不安や疑問にお答えします。

本記事を書いている私は、美容クリニックに転職経験のある、看護師・美容クリニックの看護師歴3年です。

個人の美容クリニックと、医療脱毛クリニックへの転職経験に基づいて美容クリニックへの転職方法をご紹介します。

看護師の美容皮膚科への転職は誰でもできます

結論、看護師免許があれば美容皮膚科などの美容クリニックに転職は誰でも出来ます。

美容クリニックへの転職をしたいけれど、私は転職できるのだろうか?と不安な方も多いと思います。実際に私もそうでした。

しかし、そんな心配をすることはありません。

例え、病棟経験が1年しかないとしても、これから説明する方法で美容クリニックに転職は出来ます。

美容皮膚科のある美容クリニックへの転職方法とは

★美容クリニックに転職するまでの手順

  1. いくつかの転職サイトに登録する
  2. 美容皮膚科がいいのか美容外科がいいのかどんなところで働きたいか考える
  3. 転職サイトの担当の方と電話する
  4. 転職サイトの担当の方に希望するクリニックの条件と職歴を伝える
  5. 転職サイトからの連絡を待つ
  6. 転職サイトからいくつかの面接可能なクリニックの情報が届く
  7. 自分が働いてみたいクリニックを選び転職サイトの担当に連絡
  8. 転職サイトの方が面接日を希望にあわせて調整してくれる
  9. いくつかのクリニックに面接にいく
  10. 合否を待つ
  11. 合格したクリニックから働きたいところを選ぶ
  12. 転職サイトの担当に伝える
  13. お給料や出勤日数などの条件を聞き、就職する日を決定する
  14. 美容クリニックに転職成功!

以上の手順で、簡単に転職が可能です。

病棟経験が3年以上ある方は、大手の美容クリニックでもほとんどのクリニックで書類は通りやすいです。

病棟経験が3年未満だとしても、書類は通るのでご安心ください。ソースは私です。実際に、いくつかのクリニックに面接に行き、全て合格しました。その中から、条件の良いクリニックを選択して転職することが出来ています。

比較的に美容外科は、オペ室での経験や、病棟経験の年数を重視する傾向にあります。

美容外科で働きたいか方は、病棟やオペ室で3年以上の経験を積むのが無難です。しかし、美容外科も美容皮膚科も採血や点滴の技術があれば結構、受かります。

私は、新卒で小児科経験しかなく、採血や点滴の技術がなかったのですが、人柄で採用してもらえました。書類さえ通り、面接までいければ、やる気をみせるだけで受かります。

実際に、クリニックに転職後に先輩看護師に点滴や採血技術を教えて頂き、問題なく仕事をすることが出来ました。

美容がすきで、美容クリニックで働きたい気持ちがあれば大丈夫です。

しかし、美容クリニックでの仕事と病院での仕事は全く別物です。私はもともと、美容クリニックで働きたかったので全くギャップは感じませんでしたが、病棟での看護師が好きでやってきた看護師さんはギャップを感じて退職してしまう方が多くいました。

従って、美容クリニックではどのようなことをするのか?本当に自分は美容クリニックでの仕事をしたいのか?ということを転職する前に考えることをおすすめします。

そこで、美容クリニックでの仕事をご紹介します。

美容皮膚科のあるクリニックでの仕事内容とは

美容皮膚科での仕事内容

※私が働いていた個人クリニックの流れをご紹介します。

①出勤

勤務開始15分ほど前に出勤し、ナース服に着替える

②朝の申し送り

予約票をみながら、1日の流れを確認

③院内の掃除や準備

申し送り後、30分間でクリニックの掃除と患者さんの施術のための準備。患者さんの予約メールの返信。レジを開けて会計の準備、カルテの準備。

④開院後、患者さんの受付対応、施術の実施、医師の補助業務

個人クリニックでは、看護師も受付の対応をします。もちろんレジ業務も行います。

★主な医師の補助業務

  • 患者さんを診察室にご案内
  • 患者さんに施術の同意書をとる
  • 施術に必要な物品を用意
  • 施術中の物品の受け渡し
  • オペの準備や介助

★主に看護師が施術する業務

  • ピーリング・ライムライト・イオン導入などのお肌の施術
  • 医療脱毛の施術
  • ウルトラセルなどのたるみ治療の施術
  • リポセルやヴァンキッシュなどの痩身治療の施術
  • 脇汗治療のミラドライの施術
  • 点滴や採血などの施術 など

⑤閉院後は、レジ締め、片付け、明日の準備をして退勤

閉院後は、看護師もレジ締めを行います。物品の洗浄や滅菌をし、明日の施術の準備をし、終了です。

⑥予約が入っていない空き時間にする仕事

物品の補充と管理、発注も行います。また、クリニックのブログやSNSの発信も看護師が行うこともあります。

美容クリニックで働くメリット・デメリット

メリット

  • 美容クリニックは予約制のため、ほとんど残業がない
  • 日勤のみで働くことが出来る
  • 給料が比較的高い
  • 社員割引で施術が行えたり、安くコスメが買える
  • 自分も綺麗になれる
  • ビジネスマナーや接客スキルが身につく

夜勤がないため、規則正しい生活を送ることが出来ます。残業もほとんどない為、体の負担が病棟勤務に比べると少ないのがメリットです。プライベートを充実させることができます。

また、美容施術を無料で試せたり、社割で安く試すことが出来たりするので美容に関心がある方はおすすめできるポイントです。

さらに、美容クリニックが行う美容医療は自由診療の為、給料の水準が高いです。夜勤をしなくても月給30万円以上の高給与の求人が多いです。

デメリット

  • 営業ノルマがあるクリニックがある
  • クレーム対応などの接客業務が大変
  • 病棟での看護技術のスキルが低下してしまう可能性あり
  • 土日祝日は休めないことが多い(クリニックによります)
  • 給料が変動する可能性あり

美容の機械の施術は主に看護師が施術します。パワーの調整が難しい機械などは医師が施術します。その他は、医師の補助業務がメインなので一度覚えてしまえば、難しいものはありません。しかし、一般病棟で実施するような看護とは全く仕事内容は異なります。病棟の看護が好きな方はもしかしたらギャップを感じてしまうかもしれません。

また、営業ノルマがある場合があります。看護師も営業しなくてはいけないことが多いです。どうしても営業はしたくない方はノルマなしのクリニックもあります。

美容クリニックは、美容が好きな方、自分も綺麗になりたい方は、今までの看護師の仕事とは全く違う場所に転職したんだと割り切って考えれば、やりがいを見いだせる仕事です。

クリニックによっては受付担当やカウンセリング担当の方がいる場合もあるので、受付やカウンセリングをしたくないという方は、個人クリニックではない大手のクリニックなどの分業しているクリニックをおすすめします。

美容クリニックの選び方

美容クリニックと言っても、美容皮膚科なのか美容外科なのか。大手なのか個人クリニックなのかなど種類があります。

大手の美容クリニック

メリット

  • 研修制度あり
  • 接遇研修あり
  • 設備が整っている
  • 研修医からベテランの医師がいて症例数も多い

店舗数が多く、各地にある場合が多いので、引っ越した際に転職せずに最寄りの店舗に移ることが出来る。

研修制度がしっかりしているので、美容が初めてで不安な方は大手クリニックを最初は選ぶのがおすすめ。

デメリット

大手のクリニックだと、美容外科も併設していることが多く、美容皮膚科のみのクリニックに比べると覚えることが多いです。多重業務になることもあり、大変で辞めてしまう人も多いです。看護師や医師の数が多く、ストレスを感じることもあるかもしれません。

 

個人の美容クリニック

メリット

  • アットホームで働きやすい
  • 機械や業務の種類が少なく覚えることが少ない
  • 社員全員とすぐにコミュニケーションがとれて環境に慣れやすい
  • 大手のようにルールがあまりないところが多く髪色やネイルなども自由なことが多い

デメリット

大手に比べるとしっかりとした研修がないので自己流となりやすいです。

看護師が営業が必要なクリニックもあります。また、受付やカウンセラーのする業務も看護師が行うことが多く、看護師以外の仕事はしたくない方は、個人クリニックはおすすめできません。

大手のクリニックで美容技術や知識を学び、ゆったりした環境で働きたい方は個人クリニックが向いています。

 

大手の脱毛クリニック

メリット

  • 福利厚生充実
  • 給料が高い
  • 接遇の研修あり
  • 脱毛の技術だけ覚えればよい
  • 単純作業のため、ラク

デメリット

毎日朝から晩まで、脱毛をすることになるので単調作業です。単純作業が辛い方はおすすめできません。

また、腰痛持ちの方も厳しいかもしれません。

以上のように、美容クリニックの種類にも違いがあり、店舗によっても違いがあります。自分がどんな美容看護師になりたいのか、何に興味があるのか、どのように働きたいのかを明確にすることが、美容クリニックを選ぶうえで失敗しない方法です。

看護師の美容皮膚科おすすめ転職サイト5選

美容クリニックは、正社員採用のみのクリニックが多いですが、中にはパートでの勤務が可能なクリニックもあります。働くことが出来る日数や時間帯などを転職サイトの担当者に伝えることで、より自分にあったクリニックが見つかります。

絶対に妥協できない条件を自分の中ではっきり決めて、それを必ず転職サイトの担当者必ず伝えましょう。

不安なことや、クリニックはどのような雰囲気なのかなどは転職サイトの担当の方に聞くことで教えてくれるので、まずは転職サイトに登録して相談することをおすすめします。

 

ナースジョブ

★ナースジョブの特徴は?

  •  利用したい看護師転職支援サービスNo.1
  • ご利用満足度96,8%
  • 地域の求人に精通した専任の キャリアアドバイザーがいる
  • スピーディー、丁寧・親切に対応してくれる
  • 地域最大級の求人数
  • 北海道、兵庫、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、 人気の病院・クリニック・施設など豊富な求人が多い
  • 非公開求人が豊富
  • キャリアアドバイザーが採用担当者と普段から頻繁にコンタクトを取っているので 質と鮮度の高い非公開求人がある

【ナースジョブ】の詳細はこちら

ジョブデボ看護師

★ジョブデボ看護師の特徴は?

  • 求人数(8万件以上)が多い
  •  国内NO.1の還元率で最大40万円の お祝い金をもらえる
  • 他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、 他社が広告費に充てる部分をお祝い金 として求職者に還元しているため
  • 厚生労働省認可を受けた紹介会社であるため、 個人情報保護も徹底している
  • 希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけで すぐにお仕事紹介してくれる


ジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】の詳細はこちら

ナースパワー

独自の勤務形態である『応援ナース』という制度があります。この制度は6ヶ月の期限付き雇用契約で都市圏の場合、月収45万円が保証されるといった制度で毎年2000名以上の看護師がこの制度に参加しているんです。

★ナースパワーの特徴は?

  • 看護師専門の紹介会社として、厚生労働大臣許可30周年を経過
  • 全国に15支店を有する業界最大級の会社で、看護師のニーズに対応
  • 求人先が全国40,000件以上
  • 長い歴史をかけた求人先数が圧倒的に多いので、選択肢が多い
  • 看護師の専門的な就職相談は、30年の歴史がありノウハウが蓄積されている
  • 就職相談にあたる、職員コーディネーターはレベルアップ研修を受講しており、担当によるバラツキがない
  • 新しい働き方「応援ナース」がある

【ナースパワー】の詳細はこちら

看護のお仕事

★看護のお仕事の特徴は?

  • 全国各地に支店がある
  • 24時間電話対応
  • 登録数業界最大級の11万人以上
  • 業界最大級の『非公開求人』あり
  • .医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがいる
  • 無理に転職を勧めてこないので安心
  • 給与の交渉もしてくれる
  • 各地域ごとに専任のコンサルタントがいる
  • 働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等も開催している

【看護のお仕事】の詳細はこちら

ナースJJ

★ナースJJの特徴は?

  • アンケート、お友達紹介をすると最大35万円もらえる
  • 医療機関が直接募集している求人やハローワークの求人も紹介してくれる
  • 業界最多の求人掲載数
  • アンケートを通し、実際に働いている看護師さんからの内部情報を教えてくれる
  • 働きやすい環境の職場を提供してくれる
  • 完全無料

【ナースJJ】の詳細は詳細はこちら

まとめ

看護師免許があれば美容皮膚科などの美容クリニックに転職は誰でも出来ます。

転職をするとなると不安なことのほうが多いですよね。

まずは転職サイトに登録し相談をしてみると、意外と看護師の転職はたいしたことないことがわかります。

また、逆に転職サイトに相談することで現状のままの職場で働きたいという思いに気づくこともあります。

今の職場のまま働いていていいのだろうか、不安や不満がある、他の職場で働いてみたい、美容に興味があるという方は、一度転職サイトに相談することをおすすめします。

相談してみて、転職したいなぁと思ったら、そこから活動をはじめてみましょう。

効率よく転職活動をするには、1つの転職サイトだけではなくいくつかの転職サイトに登録することがおすすめです。

実際に、私は上記で紹介した転職サイト全てに登録しました。そこで、同じ条件を担当者に伝えましたが、転職サイトにより紹介してくれる求人が異なっていました。いくつかの転職サイトに相談することで、選べる求人数が増えるので本格的に転職したい方は全ての転職サイトに登録することをおすすめします。

★転職サイトの登録や詳細はこちら

しかし、無理は禁物なので、ご自身のペースですすめてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも、皆様の参考になれば嬉しく思います。